2018年07月07日

夢見る私

夢を見た。
自転車に乗って自宅と仕事先のある街を徘徊していた。
何か目的があるような、ないような。
それは今住んでいる場所の近くでもあり、
もしかしたらかつて住んだことのある博多の路地のようでもあり。

ときおり歓声のようなざわめきが聴こえるのは、
目が覚めた後で思えば、つけっ放しになっているリビングのテレビジョンから流れているワールドサッカーの模様だったのか。

夢だとわかっていなかったが、私はまだ前の会社に在職しているようであり、
しかし現職というよりは、再雇用的なフリーというか残念な立場で居残っており、
得意先から依頼を受けた案件ではなく、自社のための冊子を自ら提案して制作しようとしているのだった。
まだ企画段階であるその案件は、ほぼ頭の中で描かれているのだが、今ひとつ何か足りない。
その何かを求めて街中を徘徊しているのだった。

誰かに……それはたぶん、かつての師匠に違いないのだが、ある人に相談するように示唆される。
そのアドバイスを受けて私は彼が捕まるであろう夕刻まで徘徊しながら時間をつぶしている。
気がつけば入社したてに違いない若者が男女四人ほど、やはり自転車に乗ってくっついてくる。
私の手伝いとして派遣されたのか、逆に指導するように請われたのだったか。

やがて夕方近くになって、私は彼の人の事務所がある建物に向かう。
そこは昔、私自身が所属していたオフィスであるはずだったが、今は場所も変わり、
建物の雰囲気もまったく変わってしまっているから、懐かしいはずはないのだけれども、
なのに懐かしい空気に満たされていた。

先に携帯で確認しておくべきだったが、やはり不在だった。
それに実は、会えたとしても私の方も準備不足で、頭の中にあるプランは紙にもデータにも可視化されておらず、
相手にどう伝えて相談すべきかと思っている状態だった。
事務所の一階ロビーはカフェにもなっていて、そこで若者とともにお茶をした。
他にも見たことのあるような顔が出たり入ったりしていた。

ここで俄かに若者を指導しなければと彼らの発言を求めてみたら、
想定外な、あるいは想像以上の発言を順番にはじめた。
彼らの言動は、おそらく正しいやり方だったはずだが、
私が想像していたものとは違っていたので、どこか気に入らなかった。
黙って聞き流した。
しばらくしてもう一度、一人ずつ私のやり方に対して不満があったら述べよと告げたが、
彼らはその通りのことは言わなかった。
いつのまにか若者の間に、私より少し年下でまだ現職の役職者である女史が同席していて、
何かを言いたそうだった。

帰り際に若者の一人が手にしている二つ折り程度のブロシュアが視覚に入った。
ちょっと見せてとそれを奪い取ると、そのオフィスが作ろうとしている自社冊子の予告チラシだった。
癌で亡くなった社員や、その他社の実績などが予告されているらしかった。
それはまるで私が作ろうとしているものを先駆けているようだった。
そうか、これがアドバイスなんだ。
私はそう気がついた。

結局その人には会えなかったが、ヒントは得た。
そしてその人に会うように示唆した人は、実はその人自身だったことに気がついた。

目が醒めると今夜のワールドサッカーの一戦目はフランスが勝っていて、
2戦目が始まろうとしていた。
そういえばあの人もサッカー観戦が好きだった。
今月は命日の月。
また墓参りクルーズをするかどうかって話があったはずだけど、
誘いは来てない。
そんな時に故人の夢を見るなんて、
よほど気になってたのか、あるいは気になっているのは書き物の方だったのか。

いずれにしても、頭に引っかかっていた何かが緩んだ気がした。
67E0AF43-41B8-49FC-B01D-14EF6E809BEF.jpeg


posted by ふみみ at 04:16 | 大阪 ☔ | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

Ipadminiのバッテリー交換。

今年に入ってから、手持ちのiPadmini2のバッテリーが異様に早く減っていく。


そんな気がしてたのですが、調べてみると、やはりバッテリーがへたっていることが判明。


私のiPadminiは、4年ほど前、多分第2世代が発売された2013年の翌年にヤフオクで購入した中古品。


そりゃぁバッテリーもへたるでしょうよ。


さらに調べてみると、バッテリーの交換ができるということ。


appleなら10400円(apple support)ということ。


い、10000円?!これは痛い!


と思ってさらに検索。すると、自分で交換できるキットがamazonにあった!


4799 円!

だけど、私にはできそーにないっ!

他にも調べると、宅配便で送り出して8千円ほどでバッテリー交換してくれるショップも見つけた!

でも送料とか考えるとやはり高いなぁ。

大阪近辺でも、iPhoneのバッテリー交換をしてくれるショップも見つけたので、そちらに問い合わせると、

残念ながらiPadはできないとのこと。

うーむ、2400円ケチって宅配で送り出すかぁ〜?

そう考えながら、一応心斎橋のAppleGeniousを予約しました。

予約当日ギリギリまでどうするか悩んだあげく、結局appleへ。

ジーニアスでみてもらうと、間違いなくバッテリーの消耗。

消費税込みで10800円ほど。

「どうします?」

聞かれて、お願いしますと答えたのですが、

Appleスタッフ曰く、

「バッテリー交換と言っても、Appleでは本体丸ごと交換になります」

え? じゃ、新品になる?

「その通りです」

AppleGeniousって素晴らしい。

第2世代という古い型に変わりはないけれども、4年前に買った中古品が新品に?!

ラ、ラッキー!

「そうですね、ラッキーです」

ということで、これまでもなんどもお世話になってきたAppleGeniousですが、

今回もまたGreat!と言わざるを得ないのです。

             〜ふみみ

タグ:apple
posted by ふみみ at 12:05 | 大阪 ☁ | Comment(0) | iPadmini | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

動画制作にハマる。

AppleMacBookに入っている動画作成アプリケーション、iMovieというものを初めてさわったのはもう10年以上前だったかな。
仕事上の必要に迫られて、手持ちの動画を取り込んですごく簡単な作業をしたのが何回か。
でも、メモリは食われるし、ハードディスク容量も不足がち、操作もよくわからなくて、
これは手に負えないなという感じで、諦めていました。

ところが昨年、急に思い出してiMovieを復活させました。
仲間うちの飲み会で、スマホで撮ってくれた動画データを送ってもらったので、これを試しにと思ってiMovieに取り込んでみたら、意外と簡単に編集できた!

それから急にiMovieで遊ぶようになりました。
飲み会の様子を編集したビデオを見た知り合いが、自分の仕事のVを作って欲しいというので、
コンサルをやっているその知人のPVを3分弱程度で作ってみたら、思いの外うまくできて、喜んでいただきました。

こうなると、シンプル機能のiMovieでは食い足りなくなってきます。
iMovieではタイトルインサートなどに限りがあって、自由度が低いからです。

そうだ、FinalCutPro!古いバージョンのを持っていることを思い出しました。
ところが、これが開いて見ると、使い方がさっぱりわからない。
iMovieと似ているのに、まったくサワレナイ!

iMovieで作ってから、FinalCutProでさわってみよう。

ところがこれが、できない!できるはずなのに!

Appleに問い合わせてみたところ、旧バージョンのFinalCutProと今のiMovieは連携していないといいます。
新しいFCPを購入しなければならないそうです。
現状のものでもわからないのに、さらに新しいのを高いお金を払って買っても使えないかも。

それに、本格的に動画を作るとなると、MacのHD容量が足りない。
その上私のMacBookProearly2011、Corei7はメモリが16GB。これでで大丈夫なのか?

そんなこんなで、昨年から、Macの買い替えを画策しているのですが、
収入はないし、お金もないし、コマッタコマッタ、コマツみどり・・・。
posted by ふみみ at 12:01 | 大阪 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


.。.:*☆AD☆*:.。.




m(_ _)m