2015年04月23日

法規制が急務? ドローン、首相官邸に墜落。

昨日、首相官邸の屋上でドローンが落下しているのが発見されました。
官邸屋上に人が上がったのは、3月22日に首相が防衛大学の卒業式出席のためにヘリポートを使って以来だといいます。
守衛が新入職員を敷地案内している際に偶然見つけたそうです。
落下していたドローンとは、最近急速に普及しはじめている複数のプロペラで飛行する無人機で、遠隔操作で利用できます。
そ飛行距離は、目視しながらであれば数百メートル程度ということになるが、飛行ルートなどを事前にインプットしておけば、5キロ以上離れていても飛ばすことができるといいます。今回落下していたドローンの機種までは特定されていませんが、一部ネット住民によると、dji社のファントムだとされています。
image.jpg

問題なのは、こういう飛行物が官邸などの重要施設上空を自由に飛行できるということもさることながら、今回はドローンに透明容器が取り付けられており、その中には放射性物質セシウムが封入されていたということです。今回検出されたセシウムは人体に影響を及ぼすレベルのものではなかったということですが、危険物であることには変わりはありません。
海外ではすでに様々な場所にドローンが現れ、たとえばアメリカではホワイトハウス上空にドローンを飛ばして逮捕されたという事件も発生しています。
現時点では国内にあるとされるドローンは二千機ほどだということですが、DJI社には四千機の予約が入っており、五月になれば各社がネット販売もはじめるといいます。

このような状況の中で、ドローンに対する法的規制はほとんどなく、飛行高度を規制する航空法が当てはめられる程度だということです。
つまり、今後は誰でもが自由にどんなところへでもドローンを飛ばせるということになり、プライバシーはもちろん、機密施設の保守など、様々な問題が予測されるわけです。
今回の事件は昨日からニュースで報道されてはいるものの、さほど大きい扱いではなく、むしろ萩原流行さんの報道の方が大きいくらいです。放射性セシウムは福島原発付近の水など、入手が不可能という事ではなさそうですが、それにしてもそのようなことを素人がイタズラで行うような事ではなさそうに思えます。相当な恣意を持った集団か、最悪オーム教団のようなテロ集団が実験的に行ったという可能性だってあるわけです。
玩具みたいに見えるドローンですが、その優秀さを考えると脅威を覚えずにはいられないのですが、いかがでしょうか。
        ふみみ
それからどうした?
posted by ふみみ at 07:23 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

太った豚と痩せたソクラテス。

今年三月の東大教養学部の卒業式で石井洋二郎学部長が挨拶の中で、
かつて60年代安保の頃に東大総長であった大河内一男が話した挨拶を取り上げて話題だ。
その内容は、「太った豚になるより、痩せたソクラテスになれ」という名言にまつわる話で、後々にまで語り継がれた伝説の挨拶なのだけれども、
石井氏は、自らの大学総長が言ったことが間違いであったことを明かして話題になっているのだ。
「太った豚になるより、痩せたソクラテスになれ」は、大河内氏が語ったということで伝説化されたのだが、ここには3つンも間違いがあるというのだ。
ひとつ目は、これは大河内氏の言葉ではなく、J.S.ミルの言葉であること。二つ目は、実際にミルが言った言葉とはかなり違っていること。三つ目は、実はこの話は原稿には書かれていたのに、実際には語られなかったということです。後にマスコミが原稿を入手して語ったことになったというのだ。

石井学部長は、この話でなにが言いたかったかというと、
東大の情報でもこんなものだ。世の中にはこのようなことはたくさんある。
だから、情報については、自ら一次情報を調べた上で考えなければならない。
といった趣旨のことで、石井学長自身の好きな言葉として、
ドイツの思想家、ニーチェの『ツァラトゥストゥラ』に出てくる言葉が最後に紹介された。

「きみは、きみ自身の炎のなかで、自分を焼きつくそうと欲しなくてはならない。きみがまず灰になっていなかったら、どうしてきみは新しくなることができよう!」

さらにすばらしいのは、このニーチェの言葉が本当にニーチェが言ったのかどうか、自分で調べてみることだ。私が冗談を言っているのかもしれないから、と、自らの発言さえ信じるなと言っていることだ。私自身は、以上の話を大竹まことのポッドキャストに出演していた深沢真希さんのお話で知ったことで、すべては彼女の受け売り。また、深沢さん自身も、自分が言っていることは、疑って罹るように自身が受け持つ学生たちにも常々言っていると言います。そして、私自身も人の言うことは鵜呑みにしないように日頃から気をつけているのですが……                          ふみみ

実際の石井氏の式辞は下記


<J.S.ミルの著書からの引用>
J.S.Mill ”Utilitarianism”より。(J.S.ミル「功利主義論」、「世界の名著38」収録) chapter II "What Utilitarianism Is"(第2章「功利主義とは何か」)
"It better to be a human being dissatisfied than a pig satisfied; better to be Socrates dissatisfied than a fool satisfied." 
実際の訳は「満足した豚であるより、不満足な人間であるほうがよい。満足した馬鹿であるより、不満足なソクラテスであるほうがよい。」(関義彦訳,世界の名著38,中央公論社,1967)というものを大河内が意訳して式辞に使ったということです
タグ:オモシロイ
posted by ふみみ at 13:14 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フィロソフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当に信じていいのか? ホリエモンの近大卒業式スピーチ。

 近畿大学の卒業式に招かれたホリエモンこと堀江貴文氏のスピーチが、すばらしい!とネットで絶賛されている。
 その内容をかいつまむと、

”これからの世界は、ネットやスマホで大きく変わっていく。これまでのような引かれたレールの上を歩いていくことはできない。
そこで大事なのは世界中のすぐれた人々が発信している情報を取って、自分で考えることだ。その上で今度は自分自身がネットやブログで毎日発信していくことによって、自分自身で考えられるようになる。
 いま、世界はどんどん変化していて、十年先どころか五年先もどうなっているかなんてわからない。だから僕はいまをいきることが大事だと思う。老後のことなどわからなんだから考える必要はない。また過去のことなど忘れてしまった方がいい。
最後に「未来を恐れず、過去に執着せず、いまを生きろ」という贈る言葉で締めくくられた。”

 動画サイトに上がっているものを見たが、確かに説得力のある、しかし常識を覆す発言であり、卒業生のみならず、ネット市民を驚かせたようだ。

私も、自分で考えることが重要であり、いまを一生懸命に生きることが重要だ、という考え方には大いに同意する。

 しかし、本当に将来のことなど考えなくていいのだろうか?
ホリエモンは、そんな見えもしない未来を心配しても仕方がないと言っている。
確かにそれは一理あるっていうか、私自身もあまり老後のことなど考えてこなかった。
ホリエモンは、老後になってから考えればいい、というのだが、それは「いまを生き」てきた自分自身に力と勢いを持っているホリエモンだから言えることであって、老いて力を失ってしまった老人に、なにかができるのあろうかとも思う。

先のことがわからないから、人間は不安になるのだし、不安になるから先のことを考えねばと思う。
しかし、考えても先のことは見えない……こんな堂々巡りの中で私たちは悩みながら生きているのだ。

そういう不安に満ちた世界で、ホリエモンのような力強いスピーチがあると背中を押される気にはなるのだけれども。

いずれにしても、「自分自身で考えること」は、これも話題になったハンナ・アーレントの「思考停止」の話や、
東大教養学部長のスピーチとも通じるところがあり、頭の中に刻んでおこうと思うのだが。。。

元情報は下記(著作権者様、転載をお許しくださいね) ふみみ


<以下、全文トレンドニュース365より転載>
皆さん、おはようございます。
 ついに、これまで生まれてから20数年間、レールの敷かれた上を、ただ走ってきた人生をここで終えることになります。これからは、レールがあるようで、レールのない世界に突入していくことになります。
 これまでは卒業した後、就職活動などをしたと思いますが、同じ会社で定年退職まで勤め上げ、その間に家族を持って家を建ててという、いわゆる普通の生活というのを、送っていくことになったのかもしれません。が、そんな未来は、おそらく、皆さんのうちのごく一部しか、そういった未来を歩まない、いや、歩めないと思います。
 レールに乗って大学を卒業すれば良いという甘い時代ではない。今、私が創業したライブドアもそうだったんですが、インターネットやスマートフォン、そういったものが社会の仕組みを大きく変えつつあります。まだ皆さん、気づいてないのかもしれません。スマートフォンでゲームをしているだけかもしれませんが、皆さんが知らないうちに世界中の凄い人たち、頭の良い人たちは、どんどん新しい技術を開発して、勝手に世の中を変えていってしまっています。
 まず、皆さんはその事実に気づいてください。ただ、今までは、レールに乗って大学を卒業すれば良かったかもしれないですが、これからはそんなに甘くないです。自分で、できるだけの多くの情報に接することが大事です。その為のツールは揃っています。別に先生の教わらなくても、自分でスマートフォンのニュースアプリを使って、情報に接することもできるし、ソーシャルネットワークを使って、世界中の面い白なあ、この人の話聞いてみたいな、っていう人たちの情報に、すぐにたどり着くことができます。簡単です。
 豊かな日本が当たり前だった時代は、とうの昔に終わりました。まず、自分で情報を、世界中の素晴らしい、頭の良い人たち、先をいっている人たちの情報を触れることができるので、まずそのことを頭の中に入れておいてください。
 そして、それだけじゃダメです。これからは、そうやって仕入れた情報を自分の頭で考えて、そして、自分で発信して、頭の中を整理して、自分で考える癖をつけないといけません。それをどうやってやるのか?簡単です。インターネットでブログやら、SNSやら、いろんなものがある。そこで毎日発信し続ければ良い。非常に簡単なことです。それを毎日やってみて欲しい。そうすることによって、世界中の様々な情報を頭の中に入れて、考えて、自分なりの判断ができるようになると思います。
 なんでそんなことしなきゃいけないのか。これからは、権威が当たり前ではなく、あてにならない時代になってくると思います。今までは、レールの上を走って、権威、例えばマスメディアや上司が言うこと、それに従っていればよかったかもしれないです。しかし、皆さんは気づいてないかもしれませんが、そんな時代がとうに終わりに近づいています。それも全てが、インターネットが作り出した、グローバル化がもたらしたことです。
 みなさん、ほとんど日本人、少し外国人の方も混ざっているかもしれませんが、ほとんど日本人だと思います。日本は、戦後、何十年も高度経済成長で、世界1位、2位の経済大国と言われるようになりました。非常に豊かになりました。多分、僕よりも上の世代じゃないと日本が貧しかった時代のことは知らないと思います。当然ながら、ここにいるほとんどの皆さんは、日本が貧しかった頃なんて知らないでしょう。豊かな日本が当たり前だった時代は、とうの昔に終わりました。皆さんはそこも気づいてないかもしれない。
 グローバル化が進む中で、あらゆる事が変わっていく。先日、札幌でタイ式マッサージを受けました。すみません、なんか庶民的な話で。6500円で90分だったのですが、しかしながら、ポイント割引があります、と言われて、1500円引きにしてもらい、90分で5000円です。今年の1月、タイという国に行ってきたんですけれども、そこがやはり90分で500バーツ、プラス揉んでくれた人に200バーツのチップを渡しました。合計で700バーツ。さていくらでしょう。
 だいたい今、日本円は円安になっておりますので、だいたい2500円です。もう、北海道の札幌のマッサージ屋さんの代金とタイのバンコクのマッサージ屋さんの代金と、たった2倍の差しかないんです。現状でこれです。ものすごい勢いで東南アジアは経済発展しています。
 彼らの中の高給取りの人たちは、完全に日本人のホワイトカラーの年収を上回っています。そして富裕層の人たちもゴロゴロいます。タイのバンコクにいくと、ひとり5万円のお寿司屋さんが毎日満員だそうです。そんな時代に突入しつつあるんです。そして、そんな時代に突入しつつあるという危機感を持っている人がほとんどいない。これは、皆さん学生さんだけじゃなくて、政財界にもそういう危機感を持っている人は少ない。グローバル化っていうのは、そういうことです。
 多くの国、特に日本みたいなインフラが整っていない国に、いきなり携帯電話の基地局ができます。中国の会社が作ったスマートフォンが、100ドル以下でばら撒かれます。そうやって、今までインフラが整ってきてなかった、例えば、アフリカの山奥の国の人たちが、そうやって簡単に世界最高峰の知に触れる機会を持つことになります。当然ながら優秀な人たちは、スマートフォンでインターネットにアクセスして、世界最高峰の知を英語ベースで手に入れることになるでしょう。
 そして、皆さんはその人たちと同じ土俵に立って生きていくことになります。おそらく、最初に僕が言った、努力をしない人たちはというのは取り残されていくことになると思います。厳しい社会がこれから待ち受けています。そんなかで、これまで生きてきたように、レールの上さえ走ってりゃいいやと、周りの顔色見ながら、みんな卒業式はスーツにネクタイ、着物を着てきてる、就活ではダークスーツを着てすごい暑くて汗かいて、周りの目を気にしながら、周りと同じように就活していればよかった。でもこれからは違います。
 就職できて安泰だと思ったら、こりゃ大間違い。皆さんが一生勤め上げると思っている会社は、多分どっかでつぶれたり、どっかの会社に吸収合併されたり、すると思います。それを前提で生きてください。
 情報を自分で収集して、自分の頭で考えて行動する力を身につけるそして、それは仕事だけじゃありません。これからは人間関係、家族制度も大きく変わっていくことでしょう。今の常識は10年後、20年後は全く通用しないようになっている可能性が非常に高いです。そんな時、どうすれば生きていけるのか。
 それは、まず最初に僕が言った通り、情報を自分で収集して、自分の頭で考えて行動する力を身につけることです。そして、常識に縛られないことです。今みなさんが常識だと思っていることは、たとえば20年前だと常識ではなかった事もたくさんある。常識とか倫理とか道徳とか、こういったものは5年10年単位で簡単に書き換わります。そして、そのスピードというのは、グローバル化で加速していくことになると思います。
 だけれども、未来を悲観することはないです。未来は僕は、もう、皆さんの心がけ次第だと思います。私は、たぶん皆さん知っている方からすると、ジェットコースターのような人生を送ってきたと思われてるかもしれません。そして、数々の失敗を繰り広げてきたと思っているでしょう。そして、例えば部下から裏切られたとか、信頼している人から裏切られてつらくないんですかとか、恨んでないんですかとか。すごく聞かれることが多いです。
 でも、僕は悪いことは忘れることにしています。過去を悔やんでもいいことは何一つないです。ただし、これからたぶん、みなさん、どんどん失敗していくと思います。チャレンジをするということは失敗する確率も上がるってことです。逆に言うとチャレンジしなければ失敗することはないかもしれない。でも、成功することもあり得ない。だから、失敗した時に、いい処方箋というのは、失敗した段階で、再発防止策をねる。二度と同じ失敗をしないように、どうやったらいいのかその場で考える。そして、考えたら酒でも飲んで、騒いで忘れる。その次の日にはすっぱり忘れる。私もそうしています。
 年金や老後、50年後の未来なんてわかりっこない。そして、これから自分たちがチャレンジしていくことは必ずうまくいくと、思い込むことです。私はよく、皆さんのような世代の人たちと話す機会が多いです。そして、みなさん、僕がさっき言ったように、グローバル化で道無き道を歩んでいかないといけない、大変だ大変だと、年金は貰えるんでしょうかとか、これから日本はどうなっていくんでしょうか、私は不安です、っていう人たちがすごく多いです。
 だけど、僕は老後のことなんか考えない。老後のことは老後になってから考えましょう。いくら準備してたって、50年後のことなんてわかりっこないですよ。今から50年前にでた未来予想図とか、その当時に出たSF映画とか見てみてください。笑っちゃうような描写がほとんどだと思います。人間なんて、5年先の未来なんて、僕だって予測できないです。今から10年前に、みんながスマートフォンを持って歩きスマホとかしながらtwitterとかlineとかやってる未来、想像できましたか、10年前に。できなかったでしょう。僕もできませんでした。
 だから、未来のことを考える意味なんてない。そして、過去を悔やんでいる暇は、皆さんにはないはずだ。なぜなら、これからグローバル化で競争が激化して、そして、未来には、僕は楽しい事しかないと思うんです。それは、どうやったら楽しくできるか、それは今を一生懸命生きることです。
 なぜ私が、いろんなことにチャレンジをして、そして、いろんな失敗をしながら、たくさんの人に裏切られながらも、こうやって楽しく生きられていらるかって、それは今を生きているからです。今を集中して生きているからです。僕は、集中すると周りが見えなくなるくらい、集中します。まさに寝食を忘れて、一つの事に熱中する癖があります。皆さんにもそうなって欲しいです。
 これから、生きていく上で大事なことは、spれは僕は、目先のことに集中することだと思う。長期計画なんて関係ないことですよ。まずはそれをやってください。それをやらない限り、なにもはじまらないです。そして、いま僕が言ったことをひとつの言葉にまとめて、最後にみなさんに贈る言葉にしたいと思います。
「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。」
 これから大変なことあると思いますけど、頑張って一生懸命生きてください。
 ありがとうございました。
出典:[動画・全文書き起こし有]ホリエモンの近畿大学卒業式のスピーチが秀逸!トレンドニュース365

posted by ふみみ at 11:52 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

上戸彩、ママタレの仲間入り!

上戸彩にオメデタのニュース。
EXILEのHIROと結婚したのが2012年9月で、早2年半過ぎているわけです。
「30歳までに出産したい」と発言していた上戸さんですが、希望通り29歳で妊娠できたということでしょうか?
上戸さんの誕生日は9月。それまでにとなるとすでに6ヶ月に入ってなければならないのですが、現在のお腹の感じを見てもそれはなさそう。では予定日は?
調べてみたら、上戸さんは現在3ヶ月。出産予定日はどうやら11月。惜しくも三十歳になった二ヶ月後の出産ということになりそうです。まあ、ほぼ希望に近いという形でしょうか。
いずれにしても美男美女のビッグカップルだけに、どんな赤ちゃんが生まれるのか今から楽しみでしょうね。
ところで、ファンとして気になるのは出産後の上戸彩さん。人気の女優さんである一方で、これまでもドラマ出演にドタキャンしてバッシングされたこともあるし、子供ができたら引退すると夫婦間で決めたという噂もあります。
現在放映中のドラマ「アイムホーム」(テレビ朝日系列)の撮影が終わる6月頃からそろそろ産休に入るということで、しばらくは出産に向けて体調を整えてもらいたいけれども、そのまま引退ではあまりにも寂しい。事務所としても必死で引き止め続けているということですが、これまではずっと事務所のいうことに従ってきたけれども今回だけはという噂もあります。
上戸さんは、結婚後引退した山口百恵さんを尊敬しているという話もあり、引退説も真実味を帯びてきます。
鶴瓶も絶賛するいい女優さんだけに、ぜひ復帰して女優業を続けていただきたいですね。
ドラマ以外でも、上戸さんはCMの女王という側面もありますから、今後はママタレとしての新たな需要も出てくるわけで、ぜひその方面で活躍してもらいたいですね。
ふみみ
posted by ふみみ at 07:45 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

堤幸彦ワールド満載〜ヤメゴク今夜はじまった。

ヤメゴクってなんや?
image.jpg
大島優子だし、意味わからないし、正直まったく興味がなかったんだけれど、モニタリングに北村一輝が番宣出演していたので、どんなものかと見てみたら。
つまり、なんの予備知識なしで視聴したというわけだが、これがなかなかオモシロイ。
ヤメゴクとは、警視庁組織犯罪対策部(マル暴)第三課に設置された暴力団離脱者電話相談室、通称足抜けコールのお話。
マル暴といえば、伊丹十三の監督作品にそんなのあったなーと思ったが、それは「ミンボーの女」と「マルタイの女」だった。

さてドラマは、この足抜けこーるをしてきた暴力団員を更生させるために主演の大島優子扮する光永麦秋という女性警官がヤクザと向かい合うわけだが、このヒロインの過去になにやら深い歴史がありそうだ〜というのが第一話。
出演者はこの大島優子の脇を固めているのが、北村一輝、遠藤憲一、田中哲司……あれ? 私はここで初めて気がついた。
大島優子演じる麦秋の変さ、関西弁の北村一輝、音楽の感じなどからも感じてはいたけど、こ、これって〜SPEC?
もしかして堤監督?
遅い!私。 気がつくのが!
そうなんです。ケイゾク、スペックに続く堤幸彦の警察モノだったのです。これが面白くないわけがない。
しばらくは、木曜の夜9時から見るものが決まってしまいました。

それはさておき、警視庁にそういう部署なり足抜けコールというものが本当にあるのだろうかと調べてみたら、あるらしい。
そのままの名前ではないが、足抜けコールは本当にありました。

こちらは、足抜けしたい暴力団員を対象にしているわけではなく、暴力団全般に関する相談窓口のようですが、参考まで。
                   ふみみ


警視庁組織犯罪対策第三課 暴力ホットライン
03-3580-2222(24時間対応)
タグ:オモシロイ
posted by ふみみ at 22:16 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


.。.:*☆AD☆*:.。.




m(_ _)m