2015年04月06日

オモシロイって、実に面白い!

オモシロイって、予期せぬときにやってくる。
真面目な顔をして歩いてきた人が目の前でバナナの皮を踏んづけちまって
滑って転んですってんころりん。
笑っちゃいけないけれども、こういうのはオモシロイって感じてしまうんだよね。
故桂枝雀師匠も言ってたけれど、笑いっていうのは、緊張と緩和から生まれるっていうよね。
静と動。
クールとホット。
きまじめと道化。
差があればあるほど、面白さの起爆力は大きくなる。
面白そうだなって評判を聞いて観る映画も悪くないけれど、
なんにも期待せずに観ることになった映画は、思いのほか面白かったと思うんだ。

空腹を満たしてウレシイとは思っても、オモシロイとは思わない。
運動をしてタノシイと感じても、それだけではオモシロイとまでは感じない。
意外な食べたことのない食材を口に入れてみたり、
初体験のダイビングでユニークな生き物を見つけたり、
そんな意外性があってはじめてオモシロイ! って思うんじゃない?
そういう意味では、オモシロイって感情はずいぶん知的で高みにある感情のような気がするよ。
願わくば、オモシロイことをたくさん見たり聞いたり体験したり、
もっとオモシロイ人生でを送りたいなと思いません?
というわけで、ホワイト犬は、尾も白い、なんちって。
ふみみ
posted by ふみみ at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


.。.:*☆AD☆*:.。.




m(_ _)m