2015年05月29日

12年半ぶりの円安って、暮らしはどうなるの?

1ドル124円、12年半ぶりの円安ドル高の水準です。
ニュースでそうは言われても、いまひとつぴんときません。
いったいなにが、なんでそうなるの? つまり円の価値が低くなったってこと?
うーん、今回はむしろ、アメリカドルへの期待が高まって、相対的に円安になったってことらしいのですが。

そういえばちょっと前までは1ドル350円なんて時代があったような。
調べてみると、その頃は固定為替相場制ってことで、1ドル350円と固定していたそうな。それがニクソンショックって呼ばれる、ドル紙幣と金(ゴールド)の交換を停止したことによる経済の大変動が起きたことから、為替は変動制に変わったと言います。変動になるとその頃、高度成長期にあった日本の経済力は円の価値をどんどん押し上げていまのような百円を切るところまで円高が進んだのですね。

ところで、明治四年に円が生まれた当初、一ドルは一円だったそうです。そういえばその頃は一円といってもいまとまったく価値が違う。百円もあったら家が買えたとかいいますよね。そんな時代から考えると日本の円はどんどんインフレが進んでお金の価値が下がってきて、先の一ドル350円まで下がってきたわけです。で、そこから為替相場制が変動に変わって、今度は円高に戻っていく。
 もっとも明治時代のそれと昭和のそれとはまったく価値観のベースがちがっているので、単純に比較はできないってことですけど。

まぁ、理屈や歴史はどうあれ、気になるのは暮らしがどうなるかってことで。
円安になると、国内生産品を安く海外に輸出できる。するとその需要が伸びて、日本経済が進展する。
それはいいのですが、一方では輸入品は高くなるのですね。
そうするt国内では物価が上昇して、既にバターやヨーグルトみたいな乳製品が値上がりしていますし、石油関連もまた値上がりしていくわけです。
物価が上昇すると、金利も上がる。金利が上がるとローン金利も上がるから、ものが買いにくくなって、となれば不動産も厳しくなって……
損か得か、いったいどっちやねん?!
円高と円安、いったいどっちがいいことなのか? これは経済学者でも白黒つけがたいようですし。
いずれにしても極端な円安や円高は困るわけで、そのあたりを上手にコントロールできるように政府や日本銀行が動かねばならないわけですね。
個人的には変動ローンの金利が上がってしまうのは困るわけなんですが……
                               ふみみ
posted by ふみみ at 11:31 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

大阪都構想が不発におわって、新たな展開はいかに?

17日の大阪都構想住民投票の終了時刻から、ニュースはまだかとドキドキしながら待っていました。
最初出た速報はイーブンイーブン。そのうち各区ごとに差がではじめたものの、まさにシーソーゲーム。
こんなのありか? こんな投票結果は見たことがない。
開票80パーセント時点で賛成派が僅かに上回って、このまま可決で終わるのかと思いきや、また逆転。
そこからは否決のまま1万741票差で終了。
文字通り大阪を二分したこの結果でした。

結果が出てから、橋下市長自身も言ってましたが、「説明不足」これに尽きると思うのです。
反対派はなぜ反対したのか?
学者たちが指摘したいくつかの側面で、不安があるからだ。
その不安を排除する説明ができなかったからだ。
というか、実は未来がどうなるかなんて、やってみなければわからない、という姿勢に見えた。
それはそうだろうが、それでも市民が安心できる説明ができなかったのだろうか?
説明というよりも、不安を払拭する具体的な約束が必要だったのだと思うのです。

それはそうと、反対派の大きな数字を支えたのは七十歳以上の老人層。
その真意は、交通パスがなくなってしまうかもしれないという、つまり生活サービスの低下への不安。
また、反対派の半数は大阪市の名がなくなってしまうのは嫌だという心情的な理由。
どちらも大阪にとって根本的な問題とは思えない要因だ。
政令都市の権限を失うこと、税金の割り振りが疑問であること、区割りとその理由に疑問を感じるなどの
実利的な部分よりも、老人パスや名前が重要視されての結果だ。
もう一つ不思議だったのは、北区や中央区などの比較的経済力のある区の住民が賛成多数だったのに対して、
南サイドのほとんどの区が反対多数だったこと。これらの区の多くは、むしろ大きな特別区になった方が地域としては経済力が高まるはずなのに反対したのだ。

しかし賛成派も偉そうには言えないように思えた。
これはデータはないけれども、おそらく賛成した市民の半分くらいは、橋下さんがんばれ!的な感情によるものに見える。橋下さんを信用するからという理由は、理論的な判断とは言えない。
また残りの半分も、今のままではいけないならば、未来が変わるであろう何かをやった方が良さげ。こんな未来への賭けみたいな決断ではなかったか?
結局、賛成反対いずれも感覚的かつ感情的な判断でしかない。
我ら市民はよくわからないままに決断を迫られた。

市民の半分が賛成、しかし残りの半分は反対、
こんなことで可決したとしても、無理がある。
せめて市民の7割〜8割方が同意という世論を導いてから民意に問うべきだった。
ある評論家が、改憲についての意見を述べる中で、国民の意見が賛否拮抗するような国民投票はすべきでないと言っているのを聞いて、その通りだとうなづいた。
都構想が廃案になり、橋下さんが退く意思を固めることになったいま、
これからの大阪を牽引する誰かが現れてくれなければ、そう思うのです。
posted by ふみみ at 01:06 | 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

文字打ちゃ音楽が出来上がる!

なんだかまた面白いサイトが現れた。
type drummerってWebサイトです。
文字を打ち込むと、オリジナルな音を奏でてくれるそう。
面白そうだから早速試してみたのだが。

ウップス!
iOSですな?

ええ、そうですが、何か?

このサイトはデスクトップか、キーボードしか使えませんぜ、旦那。

ありゃりゃ。残念。
それではまた後で、マックを立ち上げてからお願いしますぜ、社長。
というわけで、今はここまで。

typedrummer
http://typedrummer.com/
posted by ふみみ at 01:20 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いよいよ明日、決戦の日、大阪都構想

大阪市民の皆さんは、もう心を決めたのでしょうか。
わからないから投票に行かない、なんてやめましょうね。
自分の身近な暮らしに直結する投票なんですから。
現時点でも反対派が9ポイント上回っているそうで、このままいけば予想通り否決になるかと思うのです。
これほど賛否が拮抗している場合って、どうなのでしょうね。

私自身が何かを決めるとき……たとえば車みたいな大きな買い物をするときに、すっごく気に入った車が見つかったら、迷わず買うと思うのですが、悪くはなさそうだけどいまひとつ決め手に欠ける……みたいな車しか見つけられなかったら、買うか買わないか迷いに迷って、それでも買うでしょうか。
私の場合はとりあえず買いません。もう少し探して、もう少し考えて、納得のいく車を見つけてから大枚をはたきます。
ディーラーの営業は言うでしょう。
これが最後の一台ですよ! これを逃したらもうありませんよ!
私はあと一台でノルマ達成なんです、助けてくださいよ。
この車を手に入れたら、暮らしが随分変わりますよ!
もしかしたら、こんなトークについその気にさせられてしまうかもしれない。

もともとなんで都構想なんでしょうね。
東京に対して、国内第二の都市であることを自負する大阪が、最近景気も悪くって、それでも東京に負けたくなくって、東京みたいになりたい!
そんなイメージから、そうだ、大阪都になろう!
冷静に考えればそんなところが根本じゃあないでしょうか。
でも、経済も文化も首都圏集中している現状では、名前を変えたところでなにも変わらない。
言い出した人は振り上げた手を今更下ろせない。

大阪以外の人々はどのように考えるのでしょう。
たとえば名古屋都構想。
たとえば福岡都構想。
どの自治体でも多少の二重行政はあるでしょう。
兵庫県立美術館と、神戸市立美術館、住民にとっては二つあるほうがいいと思います。

いま思い至ったけれど、府と市が同じ大阪という名前だからよくないのかもしれませんね。
いっそ大阪府を関西府とかにすればどうでしょうね。

さぁ、私の心はすでに決まっています。
ところで反対派はみんな Say No!って言ってますが、投票用紙にNoって書いたら無効になるのでしょうか。
賛成または反対と書くようにと言ってますものね。
皆様、ご注意くださいね。
posted by ふみみ at 00:56 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

維新の会タウンミーティングに行ってみた

先週のことになってしまったが、大阪維新の会が主催のタウンミーティングに行ってきた。
反対意見は一通り目を通したが、賛成意見をもう一度確認したかったからだ。
会には途中からであったが橋下市長も参加した。
話の中心にいたのは東京中野区の区長さん。細かい話は忘れてしまったが、概ね中野区がいかにうまくいっているかという自慢話と、大阪都構想の特別区は東京の区よりも優れているように思うというような話だった。
橋下さんはしきりに中野区長から東京の23区がいかにうまくいっているかという話を引き出そうとしていた。
そのような流れが一貫していて、間にところどころ、反対意見は間違っていると揶揄する橋下さんの話が挟まれる程度で、
肝心の大阪都構想自体の説明はほとんどなされなかった。
つまり、東京中野区という他山の石が素晴らしいという話で持って大阪都の不安感を拭おうという作戦だったようだ。

そうした流れの中で、もっとも気になったのは終わりがけに橋下氏。
明日は反対派が東京の別の区長を招いて話をすることになっているが、あの区長は東京特別区に反対している人で、大阪都構想のことをまったくわかっていない人だ。そんな人の反対意見はまったく参考にならない、というような揶揄の発言だった。
面白いのはその後で、かの中野区長の発言。
実は私も大阪都構想の事はよくわかっていなくて、昨夜資料を読ませてもらったかぎり。とにかく中野区の良いところを話すように言われまして……。
これって、言わされてるだけの事実を暴露してるじゃないですか。
橋下さんの、政治家せいめいをかけてるとか、最後のチャンスなんだとか、熱い気持ちは応援するけれど、
やはりもっと具体的に反対意見を凌駕する事実を見せてくれないとダメだと思うのです。
posted by ふみみ at 23:58 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


.。.:*☆AD☆*:.。.




m(_ _)m