2017年07月30日

海の墓参

かつてのboss、師匠の死からはや3年。
海に散骨して以来、毎年子分たる面々がヨットを駆り出して海に出かけるのだ。
4回忌にあたる今年は、コバが購入したばかりのNewクルーザーで北港沖で黙祷。
微炭酸赤で献杯し、花束を海に撒き散らす。
あの日の騒ぎは懐かしさに包まれ、
想い出はただの記憶に変わり、
悲しみは愉しみのステージに変化した。

波に撹乱されて揺れ惑うヨットは苦手だが、
今日の水面はこの上もなく穏やかで、
羽蟻の集団のように湾内に集まってトレーニングに励むウインドサーファーたちの姿を眺めながら、
微風に泳ぐクルーザーのデッキは、この上なく心地よかった。

花束を海に撒きながら、これを受け取ったひとが次の……
次の? 次の何?

師匠の死は早過ぎたが、それを受け継ぐ資格は、ここにいる8人すべてにある。
次は誰?
そんな冗句も穏やかな風に乗って何処かへ翔び去っていった。

DSC_4924.JPG
DSC_4919.JPG
DSC_4918.JPG
IMG_4854.JPG
IMG_4819.JPG
DSC_4960.JPG

posted by ふみみ at 08:30 | 大阪 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


.。.:*☆AD☆*:.。.




m(_ _)m