2015年05月18日

大阪都構想が不発におわって、新たな展開はいかに?

17日の大阪都構想住民投票の終了時刻から、ニュースはまだかとドキドキしながら待っていました。
最初出た速報はイーブンイーブン。そのうち各区ごとに差がではじめたものの、まさにシーソーゲーム。
こんなのありか? こんな投票結果は見たことがない。
開票80パーセント時点で賛成派が僅かに上回って、このまま可決で終わるのかと思いきや、また逆転。
そこからは否決のまま1万741票差で終了。
文字通り大阪を二分したこの結果でした。

結果が出てから、橋下市長自身も言ってましたが、「説明不足」これに尽きると思うのです。
反対派はなぜ反対したのか?
学者たちが指摘したいくつかの側面で、不安があるからだ。
その不安を排除する説明ができなかったからだ。
というか、実は未来がどうなるかなんて、やってみなければわからない、という姿勢に見えた。
それはそうだろうが、それでも市民が安心できる説明ができなかったのだろうか?
説明というよりも、不安を払拭する具体的な約束が必要だったのだと思うのです。

それはそうと、反対派の大きな数字を支えたのは七十歳以上の老人層。
その真意は、交通パスがなくなってしまうかもしれないという、つまり生活サービスの低下への不安。
また、反対派の半数は大阪市の名がなくなってしまうのは嫌だという心情的な理由。
どちらも大阪にとって根本的な問題とは思えない要因だ。
政令都市の権限を失うこと、税金の割り振りが疑問であること、区割りとその理由に疑問を感じるなどの
実利的な部分よりも、老人パスや名前が重要視されての結果だ。
もう一つ不思議だったのは、北区や中央区などの比較的経済力のある区の住民が賛成多数だったのに対して、
南サイドのほとんどの区が反対多数だったこと。これらの区の多くは、むしろ大きな特別区になった方が地域としては経済力が高まるはずなのに反対したのだ。

しかし賛成派も偉そうには言えないように思えた。
これはデータはないけれども、おそらく賛成した市民の半分くらいは、橋下さんがんばれ!的な感情によるものに見える。橋下さんを信用するからという理由は、理論的な判断とは言えない。
また残りの半分も、今のままではいけないならば、未来が変わるであろう何かをやった方が良さげ。こんな未来への賭けみたいな決断ではなかったか?
結局、賛成反対いずれも感覚的かつ感情的な判断でしかない。
我ら市民はよくわからないままに決断を迫られた。

市民の半分が賛成、しかし残りの半分は反対、
こんなことで可決したとしても、無理がある。
せめて市民の7割〜8割方が同意という世論を導いてから民意に問うべきだった。
ある評論家が、改憲についての意見を述べる中で、国民の意見が賛否拮抗するような国民投票はすべきでないと言っているのを聞いて、その通りだとうなづいた。
都構想が廃案になり、橋下さんが退く意思を固めることになったいま、
これからの大阪を牽引する誰かが現れてくれなければ、そう思うのです。


.。.:*☆AD☆*:.。.




posted by ふみみ at 01:06 | 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419138432

この記事へのトラックバック


.。.:*☆AD☆*:.。.




m(_ _)m