2017年01月13日

旅行ガイドブック制作〜はじめてのローマA

しばらくはローマ紀行「はじめてのローマ」におつきあいを。

さてはて、ばたばたと行先を決めてしまったローマ行き、その日程は
2016年11月28日→12月4日の5泊7日というもの。
11月の十日過ぎに、こんなバタバタと決めたのは、
これを逃すと、ひとり十万以内のローマなんてありえないからなのです。

しかもその間もう一人同行者が増えました。
ご近所に住むお友達のMさん。この方、2年前の欧州旅行に味をしめ、
私たちのトラブル、いやさトラベルに参加したいと言うので、快諾。
多い方が楽しいもん。

ということで、三人となれば、事前にいろいろと意見を統一しとかないと。
なんせ、ガイドもつかないフリータイム中4日の旅なんだから。

現地で路頭に迷うのもいやなので、ガイドブックを2冊ほど用意して、それをぱらぱら眺めながら、
私たちオリジナルの「旅のしおり」を作りました。
おおむねはどれかのガイドブックパクリですが、それでもいろいろとアレンジし、おいしいところ取りをして。
結構立派な十数ページのしおりが出来ましたよ。

それをプリントして他の2人に渡して
「事前に目を通して、行きたいとことかあったら言ってね。修正するからね」

結局、出発当日まで。いや到着翌日まで、誰一人修正の要望もなく…
つまり読むどころか目も通してない様子で。
こうして私たちのローマははじまったのでした。
タグ:オモシロイ
posted by ふみみ at 15:17 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローマは一日にして決まる〜はじめてのローマ@

前回、2016年の11月になんだかご褒美の話を書いていますが。
そうそう、旅行クーポン券を戴いたのですよ。昨年の春ごろに。
それを一年以内に使わねばイカンゾ、と言われ、
しかし旅行の趣味もなければ行きたいところもないままずるずる半年が過ぎ。
しかしてお尻に火がついたのが11月の初旬。
いそいそと近くのJTBを訪ねたのでした。

「あのぅ、このクーポン総額で、2人で行ける旅行って…?」
旅行費用に疎い私は窓口の若いお姉さんに恐る恐る訪ねます。
「国内ですか?海外ですか?」
え?海外?…あり?
そうです、ほんとうは国内の温泉など行きたくもなく、海を渡りたいのですが、
かといってアジア諸国なんて…いまはあまり。
「あのう、ヨ、ヨーロッパとか・・・無理ですよねー」
「ありますよ」
出してくれたパンフレットが、格安ヨーロッパの旅みたいな。
5つほどコースがあって、フランス、スペイン、イタリア、etc.
「あ。イタリアがいい」
なんと、ローマ7日間の旅がご1名様8万なにがしか。
隣で相棒が何か言っている。
「スペインもいいなぁ」
ざんねーん!スペインは行ったことがあるので、私は行ったことのないローマが。
「でも、私はスペインもいーなー」
ば、ばかもの!私はローマだと・・・!

ま、いろいろあって、結局翌週ではあるけれども、ローマに即決。
ローマは1日にして決まるのであった。
タグ:オモシロイ
posted by ふみみ at 15:05 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

モノより思い出。

モノより思い出。
これは、ちょっと前までオンエアされていた車のCМノタグラインですが、
なかなか真理を言い当ててると思っていました。
昨日の続きですが、モノをもらうとその時はウレシイんだけれども、時間が立つとその嬉しさは薄まっていく。
さらにそのモノ自体も古くなっていってしまいにはどこかに消えてしまう。
ところが思い出というヤツはいつまでも頭の中に残っている。ま、忘れてしまうことだってあるわけですけれど。
仮に忘れ去られたとしても、どこか頭の片隅に断片くらいは残されているはずだし、なによりもひとつの経験値として身体の一部になっているのではないでしょうか。
そういうわけで、なにかモノをあげるにしても、思い出になるようなイベント付きで上げた方が記憶にも残るということですね。

さて、ウレシイについて。
過去にしがみつくな、前を見ろ! などともいいますが、
やはり人間にとって過去、思い出は大切なもの。
あのときの幸せだった思い出があるからこそ前に向かって歩いて行けるという側面も少なくないですね。

ついこないだ、若き友人に結婚話が持ち上がりました。
「やっぱ、プロポーズっているのかなあ?」
私はこうアドバイスしました。
「そりゃあもう、ただ結婚しようなんていうんじゃあなく、なにかハプニング的なことをして、相手に目いっぱいの幸せを贈らなきゃあ」
すると彼もいいました。
「そうやなぁ、俺もフラッシュモブなんて考えてはいたんだけどね」
フラッシュモブというのは、街中でその辺にいる人たちが突然歌い出したり踊りだすっていうハプニングイベントです。
私も一度そういうの見てみたかったので、そりゃあいいと背中を押しました。

結婚でも卒業でもなんでもいい、
一生涯に一度でいいから、もうこれが最高だった! って言えるなにかすばらしくウレシイ出来事があったらいいですよね。
           ふみみ
posted by ふみみ at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


.。.:*☆AD☆*:.。.




m(_ _)m