2015年11月09日

間違いだらけのネット通販。

もひと月余りになりますが、ネット詐欺に引っかかってしまいました。
ある楽器を購入しようと探していたのですが、当初考えていた予算は1万円ちょぼちょぼ。
ある楽器とは、これ。
EWI*USBAKAI professional アカイ EWI USB ウインドシンセサイザー アカイ イーウィー AP-EWI-016 -
AKAI professional アカイ EWI USB ウインドシンセサイザー アカイ イーウィー AP-EWI-016 -
これでも3万以上もするので、ヤフオクで探してみると、スタート1000円からあったりする。
でも結局20000円以上で落札されている。
さらに調べていくうちに、ひとつ上位機種の方が優れているという情報を得たのです。
ところがひとつ上位となると、5万を超えちゃう。
AKAI professional アカイ EWI4000sw ウインドシンセサイザー アカイ イーウィー AP-EWI-010 -
AKAI professional アカイ EWI4000sw ウインドシンセサイザー アカイ イーウィー AP-EWI-010 -
でもって、これもヤフオクで探すと、結局3万以上の落札価格。
んーと悩みながら探しているうちに、なんと、この上位機種が5万を割った価格で出ているのを発見。
これなら中古のヤフオクをかうより、新品が手に入るのだからいいじゃないか!
素晴らしいものと出会ってしまった!
そう思って一瞬のうちにポチりました。

買い物をしたときの悪い癖で、買った後もいろいろと探してしまう。
いま買ったものがよい買い物だったかどうか確かめたくなるのですね。

ところがこのたびは、悪い情報を入手。
どうやら、購入したサイトがうそくさいという情報です。
その情報を得たのがyahoo知恵袋の相談
ココを見て、購入サイトを見れば見るほど、これは詐欺サイトに違いない! そう確信しました。
その根拠は、
@店名が無意味綴り
A電話番号の掲載がない(公正取引上、ネット通販では電話番号の記載が必だそうです)
B店住所が架空っぽい(マップで調べるとおかしな所にある)
Cその住所の記載がおかしい(頭にjapanなどとついている)
D問い合わせフォームが、他の詐欺サイトとまったく同じ
E書いてある文言の日本語がおかしい
焦った私は、即刻クレジットカード会社に電話をしてカードをストップ。状況を聞いてみると、すでに海外からカード使用の情報が来ているとのこと。しかも、その金額が微妙に高い。

え? 海外? 金額が違う?
これは間違いなくおかしい。詐欺サイト決定!
ところが、カード会社としては、これをストップすることはできないらしい。
それにこの段階できている情報もほんの一部なので、調査もできないという。
とにかくカードを止めて、二次被害を避け、翌日には銀行に行ってカードの再発行を申請。ここでもう一度クレジット会社に電話をしてもらって話をするも、状況は変わらずでした。
その後、消費者相談にメールと電話で相談し、警察所にも出向いて相談。
結果は下記のようなことに。
@サイトの写しやメール、証拠となるものをすべて保存しておく。
A内容証明郵便を送って、キャンセルを申し出る。実在する店かどうかを確かめるため。
Bカードには保険があるので、チャージバック申請という方法があるが、これは決済後にカード会社との交渉事になる。
Cカード会社は、請求前の調査は不可能で、決済後の調査ということになる。
D被害者はカードの持ち主ではなく、ユーザーに変わって支払い義務が生じるカード会社ということになる。
などなど、知らなかったことが続出。
結局、5万円ほどの負債をしばらく抱えることになるのだなぁと思いつつ、とりあえずできる限りのことをしようと、これまでの経緯や証拠をカード会社にもう一度メールで申告。すると、翌日、カード会社から連絡があり、今回のカード決済について、ひと月も待つことなく、処理を行うので、安心してくださいと伝えられて大安心したのでした。

 普段、アマゾンや楽天で、安心しきって買い物をしている私。そういうことに慣れきってしまっているために、はじめての知らないサイトでも同じようにカード決済をしてしまうことの怖さをはじめて経験したわけです。
 ここで教訓。
@安すぎる買い物には要注意!
Aサイト運営会社の情報をよく見る。電話番号や住所、日本語ガチャンとしているかなど。
Bできれば後払いが安心。
C引っかかってしまったらできるだけ迅速に、落ち着いて、粘り強く対処する。
D無駄な買い物は控える。
 いやぁ、たいへん勉強になりました。
 ところで、5万円を払わなくて済んだと思うと、急に気が大きくなりました。
まあ5万円助かったんだからこのくらい。5万円なくしたと思えば千円くらい。
なんてね、余計な出費をしてしまいましたとさ。
posted by ふみみ at 14:12 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

「人生100のリスト」をつくろうと思う。

iPodNanoを時計代わりにして、手首からイヤフォンをつないで、ポッドキャストを聞いているんですが、
聞いているいくつかの中に「AppleClip」っていう大塚商会がやっている番組があるんです。
たいていはアップルがらみの話なんだけれども、10月23日の配信では、ロバート・ハリスという横浜生まれのクォーター、DJで作家という人がゲストでしゃべっていた。
この人のことをほとんど知らなかったんだけれども、若い頃から海外を放浪してて、四十代で物書きをはじめたという1948年生まれのこの人の話に興味を持ったんです。
何に興味を持ったかというと、とりわけこの人の出版物で「人生100のリスト」というもの。
頭の中で考えるだけじゃなく、実際に書いてみることが重要なのだそうだ。
かつて映画なんかでも「死ぬまでにしたい10のこと」などはあったけれども、100って言うのはちょっと多い。
ハリスさん自身も、30までは書けるけれども、100となると結構たいへんなんだと言っていました。
さほど深く考えることもなく、この話を聞いただけで私は、そうだ私もマネしてみよう! と思ったわけですが、
いざ核となるとどのレベルのことを書けばいいのやら。
web検索をしてみると、結構マネしている人がいるんだなあ。自己ブログの中で同じタイトルの記事を何人かが上げていました。それぞれに既に100個のリストをつくっていて、その中身は様々。
あまり大きなことばかりかくのではなく、非常に日常的な細かいことを書かないととても100もかけなさそうでした。
というわけで、わたしも早速書きはじめてみたけれども、やはり30個くらいがやっと。
でも、ここからだ。まだやりたいことなんてあんまり考えていなかったわけだから、これから増やしていく。
こういうことをすると、きっと残りの人生の目標や生きがいが見えてくるんじゃあないかしらん、そう思うからです。
人生の100のリスト (講談社+α文庫) -
人生の100のリスト (講談社+α文庫) -
タグ:オモシロイ
posted by ふみみ at 17:11 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

12年半ぶりの円安って、暮らしはどうなるの?

1ドル124円、12年半ぶりの円安ドル高の水準です。
ニュースでそうは言われても、いまひとつぴんときません。
いったいなにが、なんでそうなるの? つまり円の価値が低くなったってこと?
うーん、今回はむしろ、アメリカドルへの期待が高まって、相対的に円安になったってことらしいのですが。

そういえばちょっと前までは1ドル350円なんて時代があったような。
調べてみると、その頃は固定為替相場制ってことで、1ドル350円と固定していたそうな。それがニクソンショックって呼ばれる、ドル紙幣と金(ゴールド)の交換を停止したことによる経済の大変動が起きたことから、為替は変動制に変わったと言います。変動になるとその頃、高度成長期にあった日本の経済力は円の価値をどんどん押し上げていまのような百円を切るところまで円高が進んだのですね。

ところで、明治四年に円が生まれた当初、一ドルは一円だったそうです。そういえばその頃は一円といってもいまとまったく価値が違う。百円もあったら家が買えたとかいいますよね。そんな時代から考えると日本の円はどんどんインフレが進んでお金の価値が下がってきて、先の一ドル350円まで下がってきたわけです。で、そこから為替相場制が変動に変わって、今度は円高に戻っていく。
 もっとも明治時代のそれと昭和のそれとはまったく価値観のベースがちがっているので、単純に比較はできないってことですけど。

まぁ、理屈や歴史はどうあれ、気になるのは暮らしがどうなるかってことで。
円安になると、国内生産品を安く海外に輸出できる。するとその需要が伸びて、日本経済が進展する。
それはいいのですが、一方では輸入品は高くなるのですね。
そうするt国内では物価が上昇して、既にバターやヨーグルトみたいな乳製品が値上がりしていますし、石油関連もまた値上がりしていくわけです。
物価が上昇すると、金利も上がる。金利が上がるとローン金利も上がるから、ものが買いにくくなって、となれば不動産も厳しくなって……
損か得か、いったいどっちやねん?!
円高と円安、いったいどっちがいいことなのか? これは経済学者でも白黒つけがたいようですし。
いずれにしても極端な円安や円高は困るわけで、そのあたりを上手にコントロールできるように政府や日本銀行が動かねばならないわけですね。
個人的には変動ローンの金利が上がってしまうのは困るわけなんですが……
                               ふみみ
posted by ふみみ at 11:31 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


.。.:*☆AD☆*:.。.




m(_ _)m